iphoneアプリんゴ蜜蝋灯 TOPへ
iphoneアプリんゴ蜜蝋灯 TOPへ
iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較

iphone 操作設定手順 アプリ ランキング 比較






iPhone BUFFALO 無線LAN AOSS wi-fi設定手順
Androidスマートフォンでは、wi-fiの設定で
BUFFALO(バッファロー) 無線LAN AOSSが使える事が多いので
難しい設定をすることなくルーターのAOSSボタンを押すだけで自動で認識し
簡単に自宅のwi-fiと接続ができるのですが
iPhone は、AOSSに対応していない為、手動で設定する必要があります。

ですが、2012年2月現在 BUFFALO 無線ルーターでは
iPhoneでもキー入力が不要 ( AOSS for iPhone) の商品があるようです。
AOSS for iPhone対応(動作確認済み)製品一覧 ※ iPod touchでもOK

私は 2006年2月発売 BUFFALO 「WHR-HP-AMPG」 を利用していますので
iPhone での wi-fi接続は、手動でキー入力をして設定する必要がある為
iPhone4S での設定方法をメモをします。

iPhone5 を購入した時には状況が変わっているかもしれませんが
その時、もっと楽に便利になっていると嬉しいですね。

おおまかな手順は↓になります。
無線ルーターによっては、MACアドレスの確認と登録は
必要ない場合もありますので、環境に合わせて、手順を飛ばしてください。

1. iPhone のMACアドレスを確認
2. 無線ルーターの設定画面にアクセス
3. 無線ルーターの設定画面で、iPhone のMACアドレスを登録
4. iPhone で接続可能な無線ネットワークを検索・確認
5. SSID の暗号化キーをルーター設定画面で確認し、パスとして入力


iPhone のwi-fiネットワークの画面で自宅の無線LAN SSIDが表示されている場合は
MACアドレスの登録は、必要ないかもしれません。

MACアドレスの登録が必要ない場合は
iPhone で接続可能な無線ネットワークを検索・確認」 よりお進みください。

手順を飛ばして上手く行かない場合は、
ゆっくりと手順どおりに試してみると良いかもしれません。
iPod touch でも同じような感じでwi-fi接続可能です。


iPhone のMACアドレスを確認
iPhone のMACアドレスを確認します。
iPhone のwi-fiネットワークの画面で自宅の無線LAN SSIDが表示されている場合は
MACアドレスの登録は、必要ないかもしれません。

MACアドレスの登録が必要ない場合は
iPhone で接続可能な無線ネットワークを検索・確認」 よりお進みください。

 「設定」をタップ
 
   ↓
 「一般」
 
   ↓
 「情報」
 
   ↓
 「wi-fiアドレス」で MACアドレスを確認します
 ルーター設定画面で必要になりますので
 このまま画面を開いておくか、メモします

 


次の「無線ルーターの設定画面にアクセス」へ進みます。
無線ルーターの設定画面へのアクセス方法がわかる方は
PCブラウザで、無線ルーター設定画面を開き、この項目を飛ばして
無線ルーターの設定画面で、iPhone のMACアドレスを登録」からお進みください。


無線ルーターの設定画面にアクセス
無線ルーターの設定画面にアクセスします。
無線ルーターの設定画面へのアクセス方法がわかる方は
PCブラウザで、無線ルーター設定画面を開き、この項目を飛ばして
無線ルーターの設定画面で、iPhone のMACアドレスを登録」からお進みください。

PCブラウザで無線ルーターにアクセスする、デフォルトのアドレスは、
AUTOモード(ルーターモード)だと「 http://192.168.11.1/ 」
ブリッジモードだと「 http://192.168.24.100/ 」になります。

ですが、デフォルトのアドレスでアクセスできない場合があり
私の場合は、ブリッジモードで「 http://192.168.1.14/ 」になっていました。

もし、設定画面へのアドレスがわからない場合は
「AirStation設定ツール」を起動して画面の指示にそって進むと
設定画面へ案内してくれます。

「AirStation設定ツール」をインストールしていない場合は
BUFFALO ドライバーダウンロードサービス > ネットワーク より

お持ちの無線ルーターの型番にあった「AirStation設定ツール」を
インストールして確認するとわかると思います。
ちなみに私のルーターのドライバーダンロードページはこちらです。

「AirStation設定ツール」で、ルーター設定画面へのアクセス方法の手順です。

 PCの「プログラム」-「AirStation設定ツール」を起動
 
   ↓
 画面の指示どうりに「次へ」をクリックして進みます
 
   ↓
 自動で無線親機を検索してくれるので待ちます
 
   ↓
 無線親機が表示されたら選択し、画面の指示どおりに「次へ」進みます
 設定画面へのIPアドレスが表示されています
 
   ↓
 「設定画面を開く」をクリック
 
   ↓
 設定画面へ進みます
 
   ↓
 ユーザーIDとパスワードを求められた場合は
 ユーザーID「root」、パスワード「空欄」で「OK」をクリック
 何も求められず設定が画面が開いた場合はそのまま次へ進みます
 
   ↓
 無線ルーター設定画面が開きました
 

設定画面が開いたら、
無線ルーターの設定画面で、iPhone のMACアドレスを登録」 へ進みます。


無線ルーターの設定画面で、iPhone のMACアドレスを登録
無線ルーター設定画面で、iPhone のMACアドレスを登録します
無線ルーター設定画面を開いた状態から進みます。

 「詳細設定」をクリック
 
   ↓
 「無線設定」をクリック
 
   ↓
 「無線設定」の中の「MACアクセス制限」をクリック後
 「登録リストの編集」をクリック

 
   ↓
 iPhone のMACアドレスを追加します
 「登録するMACアドレス」の左の空欄に入力して「新規追加」するか
 検出された無線パソコン一覧で、iPhone のMACアドレスが
 表示されている場合は「登録」をクリックして追加します

 
   ↓
 「登録リスト」でiPhone のMACアドレスが表示されていたらOK

 


無線ルーター設定画面で、iPhone のMACアドレスを登録は完了です
一旦、iPhone で確認後、また 無線ルーター設定画面に戻ります
次は、「iPhone で接続可能な無線ネットワークを検索・確認」に進みます


iPhone で接続可能な無線ネットワークを検索・確認
iPhone での操作です

 「設定」をタップ
 
   ↓
 「wi-fi」

 
   ↓
 wi-fiをONにして、表示されたネットワークの中にSSIDがある事を確認します

 


SSIDが表示されている画面をそのまま開いておくか
SSIDをメモしておきます。次は、
SSID の暗号化キーをルーター設定画面で確認し、パスとして入力」へ進みます。


SSID の暗号化キーをルーター設定画面で確認し、パスとして入力
iPhone でwi-fiネットワークで自動検索され表示された SSID の
暗号化キーを、無線ルーター設定画面で確認し
その暗号化キーを、iPhone でパスワードとして入力します。

無線ルーターによっては、わざわざ設定画面を見なくても
ルーター本体に、SSIDと暗号化キーが表示されている場合があります。
私の「WHR-HP-AMPG」は、SSIDのみ表示だったので設定画面で確認しました。

BUFFALOでも機種別に確認方法が記載されています↓ 参考に
AOSSで無線接続を行なった場合の、SSID(ESSID)と暗号化キー(WEP/TKIP/AES)・・・
無線親機に設定したSSIDと暗号化キーの確認方法

PCブラウザで、無線ルーター設定画面を開きます。
開き方がわからない場合は、「無線ルーターの設定画面にアクセス
で確認お願いします。

 「詳細設定」をクリック
 
   ↓
 「無線設定」をクリック
 
   ↓
 「AOSS」をクリックし、スクロールして下の方へ移動
 
   ↓
 「現在のセキュリティ情報」の中で「(現在使用中)」となっている
 暗号化レベルを探し、先ほど
 iPhoneで確認した英数字と同じ英数字のSSIDを探し
 そのSSIDの下に表示されている暗号化キー4つのうち
 どれか1つを、iPhone の方でパスワードとして入力します

 
   ↓
 iPhone の画面に戻って、
 先ほどの wi-fiネットワークSSIDの鍵マークをタップし
 番で確認した暗号化キーをパスワードとして入力します

 


wi-fi設定完了です。
私は「静的」での設定はせずに、デフォルトの「DHCP」のままで設定しています。
毎回動的にプライベートIPアドレスが変わっても気になりません。
よくわからない方や、面倒な方は「DHCP」のままでいいと思います。

上手く接続されない場合は、「静的」に変更して他の端末とかぶらない
プライベートIPアドレスを手動で設定するのもいいかもしれません。
設定が完了したら無事インターネットに接続されているかどうか確認してください。


※ iPhone に関しての情報・操作設定・アプリです。
  他の機種では、同様にできない可能性がありますのでご了承下さい。



HOME へ戻るサイトマップCopyright(C)iphoneアプリんゴ蜜蝋灯