宮廷女官チャングムの誓い(第15回) 捨てられた食材
評価7→
◆ 感想・レビュー
 ペギョンはすごく良い人だと思うけど、感情があからさまに態度に出ますね。まぁドラマだからなお更そうなのかもしれないけど、ドックの妻が蒸し米を使って料理を考えてくれって言った時のあの態度はちょっと酷いように思いました。

 ペギョンとチャングムがソングム達に負けたのは、やっぱりチャングムが肉をしっかり煮込まなかったからなんでしょうか。チャングムってホント言う事のきかない子ですからねぇ。いつも一旦外に出たらなかなか帰らない気がします。

 チョンホとチャングムはまた少し親密になった感じがしますね。チョンホもチャングムと話しているとすごく楽しそうだし。クミョンを見ているとちょっと切ないですが。いつになったら、チョンホの命の恩人がチャングムだってわかるんでしょう。

2006年01月27日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第16回) 真心
評価7→
◆ 感想・レビュー
 チャングムはこれまで両親の事を誰にも話さなかったけど、チョンホにはあっさりと話しましたね。さすがに母親の事は詳しく言わなかったけど。チョンホにそんな話するより、早くチョンホの命の恩人がチャングムだってわかってほしいです。

 チャングムとチョンホは日に日に親しくなるというか、気持ちが通じ合っていってる感じですね。そのうち誰かに会ってる所を見られて問題がおきそうだけど。クミョンは実際何でも2人が一緒にいる所を見てるわけだし。それにしてもクミョンはちょっと可哀想ですね。小さい頃からチョンホの事が好きだったのに、まさかチャングムにとられるとは・・・って所でしょうか。チャングムとクミョンは料理でも恋愛でもライバルなんですね。

 これまで料理に関してはずっと旨くいってきたチャングムだったけど、調子にのりすぎたみたいですね。ちゃんとペギョンの言う事をきかないからこんな事になるんですよ。

2006年02月03日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第17回) 疫病と策略
評価7→
◆ 感想・レビュー
 クミョンはチョンホの事を諦めて料理に専念する事にしたんですね。仲良しだったチャングムの事はやっぱり憎いのか追い出せるものなら追い出したいと思っているのでしょうか。

 チャングムとチョンホはどんどん仲良くなっていくけど、誰かに怪しまれたりとかってないんでしょうか。クミョンはこの件に関しては告口する事もなくそっと身を引くっぽいけど。

 ソングムはなんとかしてチェゴサングンになろうと必死ですね。チョンチェゴサングンはあんな形で追い出されて無念すぎると思います。普通のドラマだと最後には正義が勝つって感じでペギョンがチェゴサングンになると思うんですが、このドラマはどうなるんでしょう。汚いやり方でソングムがチェゴサングンになったとしても納得いきそうにないです。

2006年02月10日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第18回) 料理人の信念
評価7→
◆ 感想・レビュー
 チャングムはウナム寺で教わった料理の秘訣がすごく役に立ってたようですね。明国の使者はむずかしい顔をしてチャングムの料理を食べていたように思ったけど、チャングムはどうなるんでしょう。きっと、使者は美味しいと思って食べてたんじゃないかとは思うけど。

 ここ最近、チョンチェゴサングンやペギョン達は、ソングム達にやられっぱなしなので、早くソングム達を痛い目に合わせてほしいけど、そういう日が来るんでしょうか。なんだかこのまま、やられっぱなしでは納得がいかないです。

 クミョンはどんどんチェ一族に染まって、今ではどんな卑怯な事でもするようになってしまいましたね。それがすごく残念に思います。

2006年02月17日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第19回) 対決
評価7→
◆ 感想・レビュー
 やっと少しソングムの鼻をあかす事ができて嬉しいです。いよいよ最後の競い合いがせまってきましたね。どっちがチェゴサングンになるんでしょう。

 長官はあまり人を疑わないというか、おっとりした感じなんですね。もっともっと女官長やソングムをに対して怪しいと思ってほしいのに。だけど、チャングム達の味方って少ないけど、唯一長官は立場も結構上で、チャングム達の事を良く思ってくれているのでかなり助かりますね。チョンチェゴサングンは長官に、秘伝の書の事や薬の事等、全部話せばすぐにでもペギョンをチェゴサングンにできそうなのに、あくまで競い合いで決めたいのでしょうか。ソングム達はこれまであらゆる汚い手を使ってきたのだから、今後も競い合いに勝つ為に何をするかわからないのにちょっと甘い気もします。

2006年03月03日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第20回) 誘拐
評価7→
◆ 感想・レビュー
 前にも材料がダメになる事ありましたよね。よくあるのにもっと慎重になればいいのに。とくにペギョンなんて、ソングム達が勝負に勝つ為なら何をするかわからないという事くらいいい加減わかりそうなのに、もっと慎重になるべきだと思います。食材の管理の所に見張りをつけるとか。

 チャングムって天才なイメージがあるから、ソングムが相手でも余裕なのかと思ったけど、そうでもないんですね。ミョンイの酢のおかげでなんとかチャングム達が勝てそうな雰囲気だけど、はやく競い合いの結果が見たいです。

2006年03月10日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第21回) 野いちごの味
評価7→
◆ 感想・レビュー
 ペギョンは何者かにさらわれたという事を、皇太后に言えばいいのに。皇太后に直接言えなくても、せめてチョンチェゴサングンや長官に報告すれば、皇太后もペギョンの事を認めるかもしれないし。

 チャングムがドックの家で育てられていたって事は、内緒にしてるんでしょうか・・・。みんな知っているのかと思ってました。何で内緒にしているのかいまいちわかりませんが。

 競い合いで負けた方は、宮中から出て行くっていう話だったのに、ソングムはホント往生際が悪いですね。チョンチェゴサングンはちゃんとソングム達を追い出せばよかったけど、そこまでする間もなく、なく待ってしまいそう。チョンチェゴサングンとヨンセンの別れのシーンは泣けました。

2006年03月24日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第22回) 無念の死
評価7→
◆ 感想・レビュー
 チョンチェゴサングンはすごくよかったのに、亡くなってしまうなんて残念でたまりません。せめて、チャングムがミョンイの娘だとわかるまでは生きていてほしかった。ヨンセンが泣きじゃくるシーンは私も泣けました。

 ソングムは往生際が悪いというかどうしようもないですね。ペギョンはいくらソングムに酷い事をされたからといっても、すぐにいじけすぎというか、諦めるのが早すぎです。ソングムに邪魔されながらも、やっとの思いでチェゴサングンになれたのに、それを無駄にしようとするなんてちょっと見損ないました。チャングムの説得のおかげで、なんとか頑張れる方法を見つけたみたいだけど。

 思いがけない所から、皇后が常にチャングム達の味方についてくれるようになって本当にありがたいですね。これからもずっと味方でいてほしいけど、どうなっていくのでしょう。

2006年04月01日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第23回) 横領発覚
評価7→
◆ 感想・レビュー
 皇后はかなり良いですね。再び競い合いをするにしても、ソングムが絶対に不正をできないよう、その場ですぐに行い、どちらが炊いたご飯かもわからないようにして審査をするとは、感心しました。しかも、あきらかに審査の結果が公平という事が、サングン達にもちゃんとわかる形だったし。

 ソングムは、こんな理不尽な形で・・・とかいいながら激怒してたけど、これまで散々卑怯な真似をして競い合いに勝とうとしてきたのに、よくそんな事が言えましたね。ホントザマーみろって感じでした。ペギョンはすっかりチェゴサングンらしくなってきて、ソングムに敬語を使うように言ったシーンなんかは観ていて気持ちよかったです。

だけど、ペギョンはちょっと甘すぎると思います。競い合いに負けた方は宮中を出て行くって話しだったのに、どうしてソングムはまだ宮中に残っているんでしょう。ソングムとクミョンだけは絶対に追い出すべきだと思う。ソングムがこのまま引き下がるとは思えないし、近くに置いておくとペギョン達が殺されてしまうかもしれないのに。

 チャングムは、あんな大事なミョンイの日誌をどうしてあんな所に置いてあったのでしょう。肌身離さず持っていればいいのに。だいたい、ヨンノが今だにチャングムと同じ部屋にいさせているのがおかしいです。早く違う部屋にいかせあいと何をされるかわからないですよね。

 ご意見をくださった方々、いつも読んで頂きありがとうございます。今回は特に更新が遅れてしまって申し訳ございません。なるべく早く更新するよう心がけますので今後もどうぞよろしくお願い致します。

2006年04月08日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第24回) 危機迫る
評価8↑
◆ 感想・レビュー
 ついに、チャングムがミョンイの娘だったって事がペギョンにわかり、ペギョンがミョンイの親友だったって事がチャングムにもわかりましたね。ここまで本当に長かったです。今回は2人がお互いの素性を知ってすぐ終ってしまったので感動をじっくりと味わえなかったけど、次回はゆっくりと感動のシーンが観れそうです。早く、チョンホの命の恩人がチャングムだって事も、チョンホに知ってほしいけど、こっちはまだまだ先なんでしょうか・・・。

 クミョンは報われない思いを、チョンホに全部ぶつけちゃいましたね。だからと言って、チョンホはどうにもしないって感じだったけど。クミョンはチャングムとペギョンを始末するつもりなんでしょうか。昔はチャングムに助けてもらったりして仲が良かったけど、やっぱり男をとられたら友達なんて言ってられないですもねぇ。

2006年04月15日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第25回) 母の敵(かたき)
評価8→
◆ 感想・レビュー
 チャングムとペギョンの感動の対面が2回にわかれてしまったのがちょっと残念な気がします。どうせなら、前回対面する前に終って、今回で対面してそのまま色んな話をするって形の方が泣けたように思います。前回は対面してすぐ終っちゃったし、今回はもう会ったあとだから感動が分散された感じになってしまいました。

 チャングムがチョンホに全てを話す日がいつか来るとは思ってたけど、あっさりと進みましたね。いつも無駄にひっぱらずに、これくらいトントン進んでくれれば嬉しいんですが。これからはチョンホも全てを知った上で、チャングムの支えになってくれるだろうし、ひとまず安心な気がします。チャングムは女官だからラブラブにはなれないと思うけど、心の中で支えあって仲良くしてほしいです。

 ここ最近全然出て来てなかったノリゲがまた出て来ましたね。ついに、チョンホの命の恩人がチャングムだって事がわかる日も近くなってきたんでしょうか。トックの妻がとりあげたノリゲをチャングムが見つける日がすごく楽しみです。でも、チャングムが見つけたからと行って、それがチョンホまで伝わるのにまた時間かかったりするのかもしれないけど。

そもそも、チョンホはトックにどうしてキンケイを一緒に買いに行った娘は誰なのか聞かないんでしょうか?、それさえ聞けば、命を助けてくれたのがチャングムだってすぐにわかるのに。元々、チョンホがトックの所に最初に訪ねて来たのは、キンケイを持った娘の事を聞こうとしていたはずなのに、何故かキンケイよりチャングムが落として行ったノリゲの事だけを調べるようになってるのが納得できません。まぁ、ひっぱった方が話としては面白いんでしょうけど、韓国ドラマって無駄にひっぱりすぎな面が多いように思います。

 チャングムには血の繋がった身内が誰もいないのかと思っていたら、おじいさんがいたんですね。どうせなら、おじいさんが生きているうちにチャングムと会ってほしかったです。

 チャングムとペギョンは2人っきりで出かけるなんて、ちょっと無用心すぎますね。気をつけなければいけないとかいいながら、全然気をつけてないし。チョンホが部下に護衛をするよう命令していたからよかったものの、ちょっとのん気すぎます。これまでだって散々チェ一族の人達に危ない目にあわされて来たのに、全く学習能力がない気がします。

2006年04月22日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第26回) 罠(わな)
評価8→
◆ 感想・レビュー
 やっと、ノリゲの持ち主がチャングムだって事がわかり、チャングムが手当てをして命を救った人がチョンホだったってのがわかりましたね。でも、まだチョンホはその事を知らないのが残念ですが。チョンホがずっと捜し求めている人が、こんなに近くにいるのにどうして今までわからなかったのかが謎です。ここ最近は、チャングムは何でもチョンホに話しているのに、チョンホは過去に命を助けられた事があるとか全然チャングムには話さないんですね。まぁチャングムは何かと困っていて、それどころじゃない感じだけど。

 ソングムやパンスルはなんとしても、チャングムとペギョンを始末しようと必死ですね。チョンホはそれに気づいていながらも、なかなか直接助ける事ができない感じなので心配です。

 クミョンは、あんなにもチョンホの事が好きだったんですね。チョンホはチャングムに夢中なのに、それでも好きでいつづけるなんてすごいです。クミョン的には、チャングムさえ始末すれば、またチョンホは自分のものというか、チョンホだけを支えて生きていけるって感じでしょうか。クミョンがソングムとパンスルに、「チョンホだけはダメです」って言っているシーンは、ジーンと来ました。

2006年04月29日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第27回) 偽りの自白
評価8→
◆ 感想・レビュー
 前から名前だけがたまに出てくる、「チョ・ガンジョ」っていうのはいったい誰なんでしょう。オギョモがまえからチョ・ガンジョを殺したがっていて、今は島流しをされているっていうのはわかっているけど、オギョモがどうしてチョ・ガンジョを殺したがっているのかとか、どのくらい偉い立場の人だったのかとかはいまいちわからずじまいでした。チョンホの上司なのか、チョンホとチョ・ガンジョも繋がりがあるような感じでもありましたが。とりあえず、オギョモは、全く関係のないチョ・ガンジョとペギョン達を、チョンホを挟んで強引に結びつけてみんなを始末しようとしたのだけは確かですね。チョンホの部下の武官はチョ・ガンジョと繋がっていたってだけで、全く関係ないのにあっさり殺されたのはちょっとひどすぎます。

 アヒル売りの商人が、硫黄を食べさせるように言われたと嘘の自白をしたけど、自白も何もアヒルが硫黄を食べても問題がないのだから、このまま謀反人としてみんな処罰されるのは、納得いかない事ばかりですね。宮中には誰一人として、これを解決できるものがいなかたというか、オギョモに刃向えなかったのが残念です。皇后は別の医者に中宗を見せようとしてたように思ったけど、結局それはなくなってしまったんでしょうか・・・。それさえちゃんとやってくれていれば、チャングム達は無実を証明できたかもしれないのに惜しかったです。なんか結局、中宗の高熱の本当の原因はまだわからないけど、それは後でわかるんでしょうか・・・。高熱の原因がアヒルのせいではなかったと証明されるのは難しいとしても、せめて本当の高熱の原因くらいは視聴者には教えてほしいですね。

 ソングムは、チャングムとペギョンが島流しになった時に辛そうな顔をしてたけど、あれは打首にならなかったのが納得できなかったのか、自分の罪に対して複雑な思いをしているのかいまいちわかりませんでした。ソングムにも一応良心があるみたいで、できる事なら命だけは助けてあげたいという思いはあった気もするけど、それがまた火種になるから死んでもらわないといけないという思いもあるだろうし複雑ですね。複雑な思いをしているっていう表情はちゃんと出ていたので、あれはあれでよかったとは思いますが。

 チャングムとペギョンはなんとか打首を免れたのに、ペギョンが死んでしまうなんてちょっと酷すぎます。なんか、打首ってなってガッカリしたり、島流しになってホッとしたと思ったら、結局死んだりで、視聴者の感情もて遊ばれているというか、波を立てさせられすぎというか、同じパターンの繰り返しというか、ホント落ち着いて観れないドラマですね。

韓国ではペギョンの人気はすごく高くて、番組のホームページには「ハンサングンを死なせないで」というメールが殺到し、ペギョンの死は当初の予定より10話以上も引き伸ばされたらしいけど、10話以上っていったら結構前半のほうだしそんなに早く死ぬ予定だったんですね。いったいどういう形で死ぬ予定だったんでしょう・・・。本当なら10話以上前に、ミョンイの事なんかがあきらかになり、チャングムとペギョンはお互いの素性を知ったって事なんでしょうか。だけど、ペギョンはすごく良い存在だし、絶対死ぬのが遅れてよかったと思います。確かに、チャングムがミョンイの娘だって事にペギョンがなかか気づかず、イライラはしましたが。

 今回は泣けるシーンが沢山ありました。檻の中で、ペギョンがチャングムに「生きて・・・」と泣きながら言ってるシーンや、ソングムが複雑な思いに辛い表情をしているシーン、チャングムとペギョンが済州島に出発してヨンセンが泣くシーン、ペギョンが力つきて死んでしまうシーンなど、悲しいシーンばかりでしたね。やっぱりペギョンが亡くなるシーンが一番泣けましたけど。

 チャングムはこれからどうなるのでしょう・・・。このドラマはすごく長くて確かまだ半分も終ってない気がします。これからもハラハラドキドキ続きなのは確かでしょうけど、最後だけはチェ一族をギャフンと言わせて挽回し、ハッピーエンドにしてほしいです。韓国ドラマって、散々主人公を辛い目に合わせて、終盤で一度は幸せにはなれるけど、結局死んでしまうとか残酷な終わり方が多いけど、そんな終り方だけは勘弁してほしいですね。長いあいだ辛い目にあわせたんだから、最後だけは最高のハッピーエンドにしてくれればいいのに、どうしてそれをしてくれないのかが謎です。チャングムの誓いなんてホントに長い長いドラマなので、これだけは最後納得できるような終わりにしてほしいです。観てきて損したなんて思いたくないですからねぇ。

2006年05月06日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第28話) 助け船
評価7↓
◆ 感想・レビュー
 やっとチョンホに、命の恩人がチャングムだったってわかったのに、感動が薄かったですね。あっさり流れてしまった感じがして残念です。

 チャングムはあんな体で宮中に戻って何ができると考えていたんでしょう。追手が来るのはわかっているし、宮中に入れてもらえるとも思えないし、逃げた所で何もできなかったと思います。結局、逃げるのはやめたので、よかったですが。

 チャンドクは医女らしいから、チャンドクの影響で医女になるんでしょうか。早く立派な医女になって、名誉挽回をし、ソングム達をギャフンと言わせてほしいです。なんだかここまで観るのに疲れてしまったせいか、早く最終回が観たくてしょうがなくなってしまいました。

2006年05月13日 放送 ▲ページの1番上へ
宮廷女官チャングムの誓い(第29回) 一筋の光
評価7→
◆ 感想・レビュー
 やっと宮中に戻れる希望が出てきて、面白くなって来ましたね。チャングムが医女として、宮中に戻る日が楽しみです。できれば、あまりひっぱらずに、早く宮中に戻してくれると嬉しいんだけど。アヒルの件も放置にならずに、チャングムもヨンセンもドックも調べているようだし、いつかペギョンとチャングムの無実を証明して、ソングム達をギャフンといわせてほしいです。

 チャンドクは、悪ぶっているような部分があるけど、実は民思いの良い医女だったんですね。チャンドクはチャングムの事を認めているようだし、良いコンビになりそうです。

2006年05月20日 放送 ▲ページの1番上へ