離婚弁護士2
評価7
全11回 2005/04/19(火) 21:00 ~
フジテレビ 2005年04月期 春のTVドラマ
主題歌--- 星村麻衣「EVERY」
脚本----- 林宏司

間宮貴子が帰ってくる。離婚弁護士2では恋愛ベタの貴子が恋をするかも?
◆ キャスト:主な登場人物
間宮貴子-----天海祐希 [ 元エリート渉外弁護士 仕事はできるが恋愛下手 ]
本多大介-----玉山鉄二 [ 貴子の助手 司法試験を目指す ]
柳田俊文-----佐々木蔵之介 [ 貴子の事務所で働く弁護士 ]
井上紀三郎---津川雅彦 [ 知識は豊富だが司法試験に受からない 貴子を助ける ]
佐伯絵里-----瀬戸朝香 [ 検事を辞めて弁護士になる 貴子のライバル ]
小向つや子---戸田恵子 [ 司法予備校時代の貴子の友達 ]
緒方亜紀-----片瀬那奈 [ 事務所の受付嬢 法律に興味なし ]
大庭保-------松重豊 [ 行きつけの居酒屋「鬼の涙」店主 貴子が好き ]
三神達也-----宇梶剛士 [ 女性誌の編集長 貴子を取材 ]
◆ 関連商品
天海祐希扮するエリート弁護士が颯爽と事件を解決していく様が痛快極まりない人気シリーズの第2弾。かつては国内最大手の法律事務所で渉外弁護士として将来を嘱望されるも、独立後は離婚問題から企業法務に至るまで幅広く手がける間宮貴子(天海祐希)は、雑誌で現代のハンサムウーマン100人に選ばれるほどに注目されて、事務所も大盛況。舞い込んでくる依頼は婚約不履行、偽装結婚、夫婦財産契約、さらにはペットの親権問題に占い師を訴えたりと、バラエティに事欠かない。
おすすめ度 
これはこれで良いかな
もっと詳しく見る
フジテレビで2004年4月~6月までオンエアされた「離婚弁護士」
おすすめ度 
間宮貴子(34)こと天海祐希がとてもいい!
間宮貴子(34)こと天海祐希最高!
主人公が可愛い
これは「買い」。
離婚問題よりもコメディ
もっと詳しく見る


離婚弁護士2(第1回) 対決!最強弁護士
評価8↑
◆ 感想・レビュー
 前の離婚弁護士よりつや子が新たに入った事もあってコメディっぽい部分が増えて、テンポもよくなってる感じがしました。途中でちゃんと貴子が依頼者を見つめなおし、真剣に考える部分なんかもしっかりあって面白かったです。

 結婚詐欺って、騙される方が悪いと思ってたけど、それでも騙されてしまう人は沢山いるんでしょうねぇ。結婚前にまずお金なんかが絡むと、疑うべきだとも思うけど、相手の事がすごく好きだったらやっぱり疑いたくないし、相手を離したくないとか思っちゃうんでしょうね。

 今回はいよいよ貴子の恋愛模様も見れそうだし、今後が楽しみです。

2005年04月19日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第2回) 壮絶慰謝料合戦
評価8→
◆ 感想・レビュー
 絵里はどうやって貴子の事務所をのっとるんでしょう。しかも俊文が急に辞表をだすなんて、次回が楽しみですね。

 今回は、後半には涼子が武を裏切る形になって、ざまーみろって感じでした。実際、武のような考えをしている男性は沢山いるんでしょうねー。自分がどれだけ偉いのか知らないけど、男でも女でも仕事は大変ですよね。

2005年04月26日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第3回) 離婚詐欺
評価7↓
◆ 感想・レビュー
 エアメールの中身気になりますねー 何て書いてあったんでしょう。あれってもしかしてもう見れないんでしょうか・・・。次回見れる事に期待します。

 絵里は、貴子に対抗意識燃やしているようで結構憧れているんでしょうか。絵里はつっぱってる感じはするけど、やっぱり貴子の方が上手っぽいですね。

2005年05月03日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第4回) 夫の土下座
評価6↓
◆ 感想・レビュー
 絵里は結局貴子の所で働く事にしたんですねー。貴子とは全然やり方違いそうだし、沢山こなしてるみたいだけど、他の案件は問題なくいってるんでしょうか・・・。

 貴子の恋は順調そうですねー。なんだかんだで達也も結構貴子の事好きそうな感じがするし。でもいつかコラムは貴子が書いたんじゃないってバレそうですね。

2005年05月10日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第5回) 涙の親権争い!
評価6→
◆ 感想・レビュー
 絵里が俊文に貴子の抱えてる親権問題について尋ねた時、爆笑してしまいました。絵里は貴子の力になろうと資料まで作ったのに、まさか犬の親権問題だったとはちょっと可哀想でした。

 ペットが自分の子供と同じくらい可愛いがってる人は沢山いるんでしょうね。子供がいない人だと特に。

2005年05月17日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第6回) 占いで離婚!?
評価7↑
◆ 感想・レビュー
 貴子は達也とは順調に仲良くなっていってますね。貴子が意識するあまりちょっと不自然すぎたり、変な事をしたりしますが、達也は疑問に思いながらもあまり気にしてないっぽいですし。

 大介と絵里も良い感じですね。絵里はまだ全然気づいてないきはしますが、大介は絵里の事が気になり、自分なりにアプローチというか、一生懸命いつも強がっている絵里を支えようとしているように見えます。この2人は今後がすごく楽しみです。

 今回の案件については、最初は美晴が占いにハマっているフリをして、ただ和夫と別れたいだけなのかと思ったけど、全然違ってました。どうしていいかわからなくてつい占いに頼りたくなる気持ちはすごくよくわかりますが、それで家庭に支障がでるまでになるのは以上で一種の宗教的なものを感じますね。今回も、結果的に貴子のやり方が一番ベストな結果となり、絵里は悔しい思いをしたのかもしれないけど、案件をこなす事に、貴子のすごさがわかり、尊敬していってる感じはしますね。

2005年05月24日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第7回) 絶対別れない女
評価6↓
◆ 感想・レビュー
 貴子はいよいよ3回目のデートですね。つや子に言われれば、これで何もなければダメみたいだけど、貴子は進展して帰って来るのでしょうか。

 絵里は子供とすごく楽しそうに会ってたけど、絵里の子供何でしょうか。髪型まで変えて、いつもの絵里とは全然違う感じでしたね。てきり彼氏ができたのかと思ってたので驚きました。

 今回の案件は真理がすごくかわいそうでしたね。お腹に子供ができてこれからって時に、赤ちゃんの父親が亡くなってしまうなんて、これからの人生そうとうの覚悟がいりそうです。

2005年06月01日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第8回) 鉄の女、号泣!!
評価7↑
◆ 感想・レビュー
 絵里にまさか子供がいたとは、思いもしなかったですねぇ。過去に辛い恋愛をしたのかなぁとは思ってましたが。大介は絵里の事が好きみたいだし、頑張って欲しいですね。付き合っても尻に引かれそうですが(笑)

 貴子の元彼が戻ってきましたねー、離婚弁護士に似合わず、恋愛での波乱がやってきたもよう。貴子は一応待ってて欲しいとは言われてたんでしょうか?、本人は振られたと思っていたでしょうけど。そういえば、前に来たあの手紙には何が書かれていたんでしょう。

2005年06月07日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第9回) え!?不倫弁護士
評価7→
◆ 感想・レビュー
 達也は結婚していたんですねぇ。離婚弁護士の貴子が、実際訴えられる立場となって戦う事になるとは。だから離婚弁護士2では、貴子が恋をしたんですねぇ。来週が楽しみです。

 大介の恋もすごくうまくいって欲しいけど、絵里の気持ちがよくわからないですね。大介の気持ちには気づいてると思うけど、何かしら答えをだしてくれるんでしょうか。

 今回依頼に来た麻紀はちょっと声を掛けられて90万の契約をするのはちょっとバカすぎな感じもしますが、なんとか証拠もあり、契約解除できてよかったですね。実際あれくらい悪質な業者は沢山あるんでしょうねぇ。

2005年06月14日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(第10回) セクハラした女
評価7→
◆ 感想・レビュー
 貴子は自分が慰謝料請求されたからって、あそこまで仕事が上の空でボケっとしてたらダメですよねぇ。あれは本当に弁護士失格ですね。

 今回は、大介と絵里の恋は全く触れられなかったですね。どっちかと言うと、あの2人の恋の方がすっごく楽しみにしてるので残念です。

 亜希子が最後に倒れていたけど、あれは自殺未遂をしたって事なんでしょうか・・・。それともタダ単に、週刊誌を見てショックを受けて倒れちゃったのかな。

2005年06月21日 放送 ▲ページの1番上へ
離婚弁護士2(最終回) 最後に笑う女
評価7→
◆ 感想・レビュー
 貴子の恋は終ってしまったけど、貴子らしくてすごくよかったと思います。あのまま達也とくっついても、いまいち不満が残ったようにも思いますし。できれば、保はきっちりと告白して、貴子とくっついてくれればすごく嬉しかったんですが残念です。

 大介と絵里はほったらかしのまま終っちゃいましたね。これはかなり不満です。この2人にはちゃんとくっついてハッピーエンドになって欲しかったです。せめて大介が告白するとかそーいうのが欲しかったです。

 達也が貴子の部屋で泊まった日、貴子は寝てしまったけど、結局エッチはしてなかったって事でしょうか? だけど、確か朝は服を抜いていたような気がしたし、達也は寝ている貴子を襲ったんでしょうかねぇ。これまで、達也が泊まった事実はあるけど、エッチしたかどうかってのはハッキリ出て来てなかったような気がするし、もしかしたら一緒に眠ったってだけかもしれないですね。

2005年06月28日 放送 ▲ページの1番上へ