僕たちの戦争
期待度評価7
TBS スペシャルドラマ
原作 荻原浩「僕たちの戦争
あらすじ → 公式サイト

2003年放送の「さとうきび畑の唄」、2005年放送の「広島・昭和20年8月6日」に続く第3弾の戦争をテーマにしたドラマ。
◆ キャスト:主な登場人物
森山未來・上野樹里・内山理名・古田新太・麻生祐未

◆ 関連商品
2001年9月12日世界貿易センタービルに旅客機が突っ込んだ翌朝も尾島健太(19)は、テレビの臨時ニュースや新聞には目もくれず、一人サーフィンに出かけた。バイトをクビになりガールフレンドのミナミとも喧嘩中で会えないからだ。しかし、大波に呑まれた健太が目を覚ますと、そこは1944年だった!1944年9月12日霞ヶ浦飛行場から飛び立った石庭吾一(19)は、「海の若鷲」に憧れる飛行術練習生だ。しかし、操縦を誤って海に墜落してしまう。蘇生した吾一が目覚めたのは、なんと2001年だった…。根拠なしポジティブのフリーターとバリバリの特攻隊員が入れ替わり―どうなる、ニッポン!?愛と青春のタイムスリップ・ウォー。
おすすめ度 
すごくよかった。
戦争はいやだ・・・
大傑作!!!
もっと詳しく見る
森山良子の名曲「さとうきび畑」をモチーフに、戦渦に巻き込まれながらも希望を捨てずに明るく生きていこうとした家族と沖縄戦の悲劇を描いた戦争ドラマ。大阪出身の平山幸一(明石家さんま)は良家の子女・美知子(黒木瞳)と駆け落ちして、那覇で小さな写真館を営んでいた。長男の勇(坂口憲二)は学校の先生をしている紀子(仲間由紀恵)と結婚、さらには美知子が幸一にとっての6人目の子どもを身ごもったことがわかる。そんな中、アメリカとの戦争が勃発。幸せそのものだった平山家に暗雲が立ち込めてくる。
おすすめ度 
粉々の意味
何度見ても泣けますね。
しっかり泣いて人生を考えて下さい。
もっと詳しく見る
未来ではない、明日の平和を信じて懸命に生きた日々。両親を失くした4人の姉弟の昭和20年7月16日から8月6日までの20日間を描いた物語。松たか子、加藤あい、長澤まさみ出演。
もっと詳しく見る





ドラマレビュー館TOPへ戻る