セーラー服と機関銃
期待度評価6
2006/10/13 22:00 ~
TBS 2006年10月期 秋のTVドラマ
原作 赤川次郎(著)「セーラー服と機関銃」  あらすじ → 公式サイト
主題歌 星泉「セーラー服と機関銃

この作品は映画っていうイメージがすごく強いので、ドラマ化だとなんだか違和感があります。 やっぱり、最後には「カ・イ・カ・ン」って言うんでしょうか・・・? 映画では、破片が顔に飛んで本当に血が出たみたいだけど、 ドラマではあのシーンはどうするんでしょう。そうそう真似できる事じゃないでしょうし、なくなるのかな。そのシーンがどうなるかはは楽しみですね。

◆ キャスト:主な登場人物
長澤まさみ,中尾明慶,田口浩正,山本龍二,福井博章,おかやまはじめ

◆ 感想・レビュー
評価4↓
番宣がすごかったわりには視聴率は伸びず、途中10%を切る事もあり、最終回では13%という結果で、あまり面白くなかったです。
高校生が組長になって、組の人達がどんどん亡くなっていくけど、無駄に亡くなった人も何人かいて「バカじゃないの?」と思う事も多く、泣けるシーンはなかったです。長澤まさみの演技も、優等生っぽい役だから仕方ないのかもしれませんが、観ていてイライラしました。
薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃も観ましたが、ストーリー的にあまり面白い内容じゃないと思います。ただ、クライマックスのシーンで、実際に跳んだ破片が顔にあたって血が流れ、それが話題になっただけじゃないかと思いますが・・・。

◆ 関連商品
原作は200万部の大ヒット、さらには薬師丸ひろ子主演で映画化され社会現象を巻き起こした『セーラー服と機関銃』 昭和の名作が25年の年月を経てついに連続ドラマ化!
21世紀版ヒロインは、これが連続ドラマ初主演となる長澤まさみ どこにでもいる、ありふれたフツウの女子高生・星泉が、ひょんなことからヤクザの組長になるという奇抜な設定に加え、そんな女子高生が"悪"を次々と倒していく爽快感あふれる物語を、設定を現代に変え、ハートフルかつコメディータッチにて描く。
もっと詳しく見る

永遠の大ベストセラー『セーラー服と機関銃』の続編登場! 18歳、高校三年生になった星泉。卒業を目前にして、できるだけ平穏な生活を送りたいと願っているが、周囲がそれを許してくれない。地上げ屋に苦しむ町との抗争に巻き込まれ、泉は再び機関銃を手に立ち上がる!?
18歳、高校三年生になった星泉。高校卒業を間近に控え、できるだけ普通の女子高生として生活したいと願っているが、周囲がそれを許してくれない。星泉の名をかたる「偽者」が現れたり、強引な地上げに苦しむ町から「町を救ってほしい」と頼まれたり…。スーパーヒロイン・星泉の成長と、セーラー服からの「卒業」を描く、大ベストセラー『セーラー服と機関銃』の続編。
もっと詳しく見る

長澤まさみ主演!この秋一番の話題ドラマ「セーラー服と機関銃」の主題歌! ヒロイン星泉(長澤まさみ)が歌う、かつての大ヒット曲「セーラー服と機関銃」が登場。
原作(赤川次郎)が200万部の大ヒット、さらには薬師丸ひろ子主演で映画化され、社会現象を巻き起こした「セーラー服と機関銃」が25年振りに連続ドラマで復活! (2006年10月13日スタート、毎週金曜夜10時放送 TBS系列)

もっと詳しく見る

1. セーラー服と機関銃~ドラマ ver.~
2. Follow Me~orchestrated ver.~
3. Faith:Alongside The River
4. Swingin’Brothers
5. Time To Go
6. Funky“A”Boy
7. Behind The Closed Door
8. Bloody Mary
9. Long Train Ride
10. By The Way Who Are You?
11. In The Moonlight
12. Go Go Baby
13. My Love
14. It’s My Turn
15. Sleepwalking
16. Inside Out
17. Tell Me About It
18. Good-By Friends
19. Follow Me
もっと詳しく見る

『野性の証明』でデビューした薬師丸ひろ子。本作は、彼女の人気を決定づけた大ヒット青春映画である。 ひょんなことから組員4名の弱小やくざ、目高組の組長に据えられてしまった、女子高校生の星泉。どす黒い大人たちの思惑や陰謀をくぐりぬけながら、大人の階段を登っていく姿を描く。原作は赤川次郎。『翔んだカップル』に続いて薬師丸を演出した相米慎二監督は、持ち前の長回し撮影を駆使しながら、思春期特有の揺れや戸惑いを余すことなくとらえている。カリメロカットも愛らしい彼女が、機関銃を撃ち終えた際につぶやくセリフ「カ・イ・カ・ン…」は、当時流行語にもなった。また、そのとき彼女のほほを伝う赤いものは、撮影のハプニングによる傷がもたらした本物の血である。
おすすめ度 
こんな可愛いいやくざ映画はじめて
人気も出ますよそりゃ
実は、大した映画なんですよね・・。
もっと詳しく見る






ドラマレビュー館TOPへ戻る