死亡推定時刻
期待度評価7
2006/9/9 21:00(土) 放送
フジテレビ スペシャルドラマ
あらすじ → 土曜プレミアム

北の国から に主演していた吉岡秀隆と、監督の杉田成道の名コンビが 、フジテレビ系スペシャルドラマ「 死亡推定時刻 」で6年ぶりに復活。
期待していたわりには、いまいちパっとしませんでした。吉岡秀隆の演技に癖があるというか、甘えたようなしゃべり方をする時があり、見ていてかゆくなってしまいます。ストーリー的には途中まではよかったのですが、最後は納得いきませんでした。冤罪で捕まった青年の判決を無罪という形で終ってほしかったです。

◆ キャスト:主な登場人物
吉岡秀隆,松平健,小林薫,永作博美
◆ 関連商品
おすすめ度 
これは、小説じゃナイ!!
刑事訴訟の現実と理想
面白い!
きっと、心の奥底の正義感がうずきます。
1人で多くのに人に冤罪の恐ろしさを知って欲しい1冊です。
もっと詳しく見る

朔立木(著)
北の国からに主演していた吉岡秀隆主演でドラマ化決定!監督は、北の国からでもメガホンをとっていた杉田成道。

もっと詳しく見る

1981年の開始以来、断続的に続いてきた国民的ドラマシリーズ最終作。草太から引き継いだ牧場経営がうまくいかず、莫大な借金を抱えたあげく倒産に追い込んでしまった責任から、純は富良野を離れて羅臼で暮らしている。純と共同経営者だった正吉も失踪し、蛍は女手一つで息子の快を育てている。五郎は自身の体調不良と中畑の妻の病気を目の当たりにすることで遺言を書き始める。
富良野を舞台に、家族の愛や絆を描く名作ドラマの最終回を収録した2枚組。純と正吉が草太から受け継いだ牧場が倒産。2人は働き口を求め富良野を出ていく。一方、すみえに家を建ててくれるよう頼まれ、家作りに着手し始めた五郎は腹痛を訴え…。
おすすめ度 
感動
もっと詳しく見る






ドラマレビュー館TOPへ戻る