DEATH NOTE -デスノート-
前編 2006/6月 公開 / 後編 2006/11 公開
原作 大場つぐみ,小畑健「DEATH NOTE
◆ キャスト:主な登場人物
藤原竜也,松山ケンイチ,瀬戸朝香,香椎由宇,細川茂樹,五大路子

◆ 感想・レビュー
<前編>
ネタバレあります。前編を観る前は、アニメの方を全く観ていなかったので特に違和感もなく、自然に入り込めていけました。

最初は、凶悪犯を次々と殺していき、それによって犯罪者が減るって事で、月の行動を否定しようとは思わなかったけど、 次第に自分がキラだとバレない為に悪くない人も殺して行くのは共感できませんでした。 バレルのが嫌なら、もっとバレないようにすればいいのに、Lとの対決というゲーム感覚で人を殺して行くのはちょっと許せなかったです。 特に最後の恋人にまで手をかけてしまったのは、ちょっと酷すぎますね。恋人が死ぬシーンはすごく切なかったです。 原作では恋人の存在はないようだけど、映画を観た感じでは、恋人がいてよかったと思いました。

◆ 関連商品
累計2,300万部超を誇る大場つぐみ原作のカリスマコミックを、『神の左手 悪魔の右手』の金子修介監督が藤原竜也主演で映画化した『DEATH NOTE デスノート』とその続編『DEATH NOTE the Last name』の本編に加え、特典ディスクを封入した3枚組。
おすすめ度 
L最高
松山ケンイチ
ラストがいい!!
すっごい面白い!!
もっと詳しく見る

累計2,300万部超を誇るカリスマコミックを、『神の左手 悪魔の右手』の金子修介監督が藤原竜也主演で映画化したサスペンスシリーズの前編。死神・リュークが落とした「デスノート」を手にしたエリート青年・夜神月は、世の中の浄化を試みるが…。
夜神月はエリート大学生。類まれなる天才である彼は、偶然“DEATH NOTE”を手に入れた。そこに名前を書かれた者は死ぬ。
おすすめ度 
退屈な日常に捧げる。
原作読んでいないが、面白い作品
人の死が誰かの手にゆだねられているとは・・・
前編として大成功
もっと詳しく見る

累計2,300万部超を誇るカリスマコミックを、『神の左手 悪魔の右手』の金子修介監督が藤原竜也主演で映画化したサスペンスシリーズの後編。リュークとは別の死神・レムが落とした2冊目のデスノートが舞い降り、キラを崇拝する弥海砂がそれを手に入れる。
死神リュークが地上に落とした“デスノート”を拾った夜神月は、犯罪のない理想郷を作ろうと犯罪者の名をノートに書きつづけ、彼はやがて「キラ」と呼ばれる救世主となる…。
おすすめ度 
原作と比べたら…
二人の息子
主役二人の熱演に拍手
もっと詳しく見る

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!!
おすすめ度 
これはまさしく、運命の出会い!
濃厚なスリルとサスペンス
次も読みたくなる魔力があります
もっと詳しく見る

「週刊少年ジャンプ」での連載スタートと同時に、圧倒的人気を獲得したカリスマ・コミックが原作の映画、「デスノート」の撮影現場に密着したメイキングDVD作品。

もっと詳しく見る







ドラマレビュー館TOPへ戻る