スタジオジブリの映画紹介
名作アニメを沢山生んだアニメーション制作スタジオ。
公式サイト
◆ これまでの作品の歴史
1986年--天空の城ラピュタ
1988年--となりのトトロ
1988年--火垂るの墓
1989年--魔女の宅急便
1991年--おもひでぽろぽろ
1992年--紅の豚
1993年--海がきこえる(テレビで放映)
1994年--平成狸合戦ぽんぽこ
1995年--耳をすませば
1997年--もののけ姫
1999年--ホーホケキョ となりの山田くん
2001年--千と千尋の神隠し
2002年--猫の恩返し
2004年--ハウルの動く城
2006年--ゲド戦記
◆ 関連商品
空から少女が落ちてくる―! 少年パズーがその少女を助けたことで物語は幕を開ける。少女の名はシータ。空の海賊一味となぞの黒眼鏡の男達に追われていた。シータが持っていた「飛行石」の神秘的な輝きに導かれ、2人はやがて、天に浮かぶ伝説の城「ラピュタ」に足を踏み入れることになる…。
おすすめ度 
宮崎アニメの最高傑作です
傑作映画!
ベスト・オブ・宮崎アニメ!!!!
もっと詳しく見る

小学6年生のサツキと4歳の妹メイが引っ越してきたおんぼろな家の隣には、遠く見上げるほどに大きなクスノキの森があった。やがて2人はその森の主である「へんないきもの」トトロと出会い、胸躍る体験をすることになる…。
おすすめ度 
いたわりと優しさ・・・
昭和30年代の懐かしさ
なんとも言えない心地よさ
もっと詳しく見る

スタジオジブリの高畑勲監督による、太平洋戦争のさなか、空襲で母親と家を失った幼い兄妹に降りかかる悲運を描いた感動の名作。
おすすめ度 
一生懸命生きなくては
とにかくブルーになる映画
こんなに泣いた映画はありません。星10コぐらいあげたいです。
もっと詳しく見る

1989年の宮崎駿監督による劇場用長編アニメーション作品。13歳になり、魔女の修業のために黒猫ジジとともに街を出る少女キキ。新たに住まいとして選んだ街で配達屋として暮らす中で、居候先のパン屋のオソノさん、空を飛ぶことにあこがれる少年トンボなど、さまざまな人との出会いをとおし、落ち込んだりしながらも魔女として、人として成長していく姿を描く。
おすすめ度 
本当の意味での娯楽映画ですね
期待以上の出来
一家に一枚
もっと詳しく見る

時は1982年、27歳のOLタエ子が山形の義兄の実家へと一人旅し、そのさなかにかつて小学校5年生だったころの自分を回想していく。岡本螢と刀根夕子による原作コミックは、小学校時代のみを描いているのだが、高畑勲監督は新たにOLのヒロインを設定し、ふたつの時代を行き来させながら、ひとりの女性の生きざまを露にしていくと同時に、彼女が行き着いた村で行われる有機農業の美徳を説きながら、田舎と農業を礼讚していく。
おすすめ度 
学生だけど
なぜか泣けます
もっと詳しく見る

1920年代のイタリア、アドリア海には空賊相手の賞金稼ぎをしている豚がいた。「飛ばねぇ豚はただの豚だ」とのたまう彼の名はポルコ・ロッソ。紅の翼の飛行艇を乗りこなすこの豚の活躍を小気味よく描いた航空活劇である。
おすすめ度 
ジブリ作品で一番好きな作品
ロマン
重く、切なく、美しい傑作
このかっこよさを見逃すな!!
もっと詳しく見る

高知県土佐で青春時代を過ごした青年・拓が、帰省する飛行機の中で高校時代を回想していく。そのなかには、両親の離婚のため東京から引っ越してきた、成績・運動ともに優秀でありながらも、誰にも心を開こうとしない少女・里伽子の存在があった…。
おすすめ度 
例によって鬱アニメ
俺この作品が好きやき!
鬼門です。でも素晴らしい。
もっと詳しく見る

宅地開発で自然がどんどん失われていく東京の多摩丘陵を舞台に、そこに棲むタヌキたちが人間に反旗をひるがえすべく、人間に化けたりする訓練を始めていく。人間がいないところでは彼らは2本足で歩けば言葉もしゃべる。やがては、他所からも助っ人タヌキが現れて妖怪に化けるなど、設定がとにかくユニーク。日本古来の民族伝承なども巧みに取り入れており、おもしろさの中に文化人類学的興味も見出せよう。
おすすめ度 
名作!
「人間様」はやめられない
もっと詳しく見る

雫は中学3年生。両親と大学生の姉とともに東京近郊の団地に住む、ごく普通の読書好きの女の子だ。そんな雫が親しくなった同級生の少年は、中学を卒業したらすぐに、バイオリン職人になるためにイタリアに渡ると言う。進路について深く考えていなかった自分に気づいた雫が、自分のやりたいこととして選んだのは…。
おすすめ度 
なつかしい恋
いい映画だね。
見てみたら・・・
もっと詳しく見る

時は室町時代。タタリ神の呪いを断つために旅立った勇敢な少年アシタカは、たどり着いたシシの森で、森の神々とエボシ御前が率いる製鉄集団が、バトルを繰り広げているのを知る。同じ時期、彼は、人間でありながら森の神々に味方する少女サンに出会う…。
おすすめ度 
まずは観てそして考えてほしい。
動植物と人間
大人っぽい これでもかという自然!!
もっと詳しく見る

日本を代表するアニメーションスタジオ、スタジオジブリが贈る、高畑勲監督の1999年劇場公開作品。原作は朝日新聞に連載のいしいひさいちの4コマ漫画。どこにでもあるような平凡な家族の日常を、どこまでも明るく、あっけらかんと描いている。どこかなつかしく、心がちょっとあたたかくなるホームドラマだ。
おすすめ度 
劇場向きではないけれど、名作だ。と思います。
こんな家族をつくりたい。
もっと詳しく見る

わがままで無気力、どこにでもいるような現代っ子の千尋は、引越しの途中で、不思議な町に迷い込む。謎の少年ハクに手引きされ、八百万の神様たちが入浴しに来る「油屋(ゆや)」で「千」と呼ばれながら働くことになった千尋。さまざまな体験や冒険をとおして、少女は「生きる力」を取り戻していく…。
おすすめ度 
子供がなごみます
最高に面白い!
もっと詳しく見る

『猫の恩返し』:宮崎駿が企画し、新人・森田広幸が監督したスタジオジブリ作品。同社の1995年度作『耳をすませば』の姉妹編的要素をもつ作品でもあり、原作は柊あおい。車にひかれそうになった猫を助けたことから、猫の国に招かれた高校生少女ハル(声:池脇千鶴)の冒険を、ジュヴナイル感覚で描いていく。
おすすめ度 
可愛いハルちゃんとその仲間たち大好き。
いいんでない!
もっと詳しく見る

国内はもちろん海外でも高い評価を受けた『千と千尋の神隠し』から3年を経て、宮崎駿監督が発表した長編アニメーション(2004年公開)。魔女の呪いで90歳の老婆に変えられてしまった少女ソフィーと、人々に恐れられているが実は臆病者の美青年魔法使いハウルが、王国の争いに巻き込まれながら心を通わせていく。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作としたファンタジーだ。
おすすめ度 
生きる楽しさ、愛する喜び
出会えたことに感謝
最大傑作
もっと詳しく見る

『影との戦い』 ゲドは、自分にふしぎな力がそなわっているのを感じ、真の魔法を学ぼうと、魔法使いの学校に入る.進歩は早かった.得意になった彼は、禁じられた呪文を唱え、死の国の影を呼びだしてしまう.
おすすめ度 
この際、まとめて読みたい人に
ファンタジー好きなら楽しめる?
もっと詳しく見る

腐海(ふかい)と呼ばれる毒の森とそこに棲む蟲(むし)たちに支配された世界。辺境の王国・風の谷には、自然を愛で、蟲とすら心を通わせる少女ナウシカがいた。腐海を焼き蟲を滅ぼそうとする大国の争いに巻き込まれながらもナウシカは、人を愛するのと同様に蟲たちをも愛そうとする…。
おすすめ度 
環境相にも見てほしい
問答無用でこれは凄い
少しずつ理解する度に大人になる自分
宮崎作品の永遠の名作です
もっと詳しく見る






ドラマレビュー館TOPへ戻る