F05Dスマートフォン操作Xパケゼロ TOPへ
F05Dスマートフォン操作Xパケゼロ TOPへ
ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較


ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較

ARROWS X LTE F-05D 操作設定手順  ランキング 比較






初期化時のパケ代
私は、docomoのパケット料金プランを
「Xiパケ・ホーダイフラット」ではなく、「Xiパケ・ホーダイダブル」にしているので
極力パケット料金を定額料金の2,100円(5,000KB)以内に抑えたいと思っています。

初期化しなければならない状況というのは
突然やってくる事が多いでしょうから
初期化すると、どのくらいパケット代がかかるのか
パケット代を最低限に抑えて初期化をする方法があるのかを
検証してみました。

普段は、docomoの回線「データ通信を有効にする」のチェックを外し
データ通信を無効にしてあるので、全くパケット代がかからないのですが
スマートフォンを初期化すると、データ通信無効の設定が消えるので
初期化して何の設定もせずdocomoのサイトで設定をしたり
アプリをダウンロードするとすぐにパケット代が上限まで達してしまい
「Xiパケ・ホーダイフラット」の方が安くついたという結果になりかねません。

更に、スマートフォンの場合、アプリがバックグラウンドで動いていて
何もしていなくても勝手に通信していたりします。

このページでは、
パケ代を最低限に抑えて初期化する方法
初期化後、まずしたい 画面消去までの時間設定
googleアカウントの設定
spモードメールアプリダウンロード
wi-fiでspモードメール受信設定
ドコモアプリのアップデート

の設定をメモしています。
パケット代を節約するのを前提にした手順の為
パケホーダイフラットの方などにとっては余分な手順があると思いますので
ポイントだけを見て頂けたらと思います。


パケ代を最低限に抑えて初期化する方法
初期化の手順から書いていきます。

 ホーム画面でメニューボタンを押す
   ↓
 設定
   ↓
 バックアップと復元
   ↓
 データの初期化
   ↓
 内臓ストレージ内のデータを消去にチェックを入れる
 SDカード内データを消去にもチェックを入れると
 microSDカード内のデータも全て消去されます。
   ↓
 携帯端末をリセット
   ↓
 すべて消去
   ↓
 自動で電源が切れて、初期化作業が始まります
   ↓
 自動で再起動され「初期化中です しばらくお待ちください」と表示されます
   ↓
 しばらくすると、画面が真っ暗になります
   ↓
 ホームボタンを押す
   ↓
 ロック画面が表示されます
   ↓
 ロックボタンを押してロック解除する
   ↓
 「ソフトウェア更新」画面が表示されます
   ↓
 ここで画面の通りには進まず、戻るボタンを押します
 メニューボタンとホームボタンは押しても無反応でした
 戻るボタンを押す事で、ホーム画面に行く事ができます
   ↓
 ホーム画面に来ました
   ↓
 メニューボタンを押す
   ↓
 設定
   ↓
 無線とネットワーク
   ↓
 モバイルネットワーク
   ↓
 データ通信を有効にするのチェックを外す
 これでとりあえずパケット代がかかる事がありません



初期化後、まずしたい 画面消去までの時間設定
上記で、データ通信を無効にしたので
ここからは、ゆっくりと最低限の設定をしていきます。

まずは、初期設定だと15秒で画面消去(スリープ状態)になって設定がしにくいので
画面消去になるまでの時間設定を変更し、その後 wi-fiの設定をしていきます。

 ホーム画面でメニューボタンを押す
   ↓
 設定
   ↓
 表示
   ↓
 バックライト ここの設定で「画面の自動回」転のチェックも外しました
   ↓
 消灯までの時間 2分に設定しました
ついでに明るさの設定もして省エネにしました
   ↓
 ホームボタンを押してホームに戻る



wi-fiの設定手順
インターネット・アプリの更新・同期をWi-Fiでできるようにします。

 ホーム画面でメニューボタンを押す
   ↓
 「設定」をタップ
 
   ↓
 無線とネットワーク
 
   ↓
 Wi-Fi設定
 
   ↓
 wi-fi簡単登録 私はAOSSで登録しています
 
   ↓
 AOSS方式 AOSS自動登録を実施
ルーターのAOSSボタンを押して登録
 
   ↓
 「OK」をタップすると同時に
 自宅の無線ルーターのAOSSボタンを押して認証させます
 無線ルーターのAOSSに関しましては各種機器の説明書を参考に

 

wi-fi通信ができるようになりました。
wi-fi設定ついでに、充電中やスリープ状態の時でも wi-fi ONにしておいて
メールが届くようにしておきます。

充電中やスリープ状態の時に、Wi-Fi接続する必要がない方は
ここで終了です。おつかれさまでした。

 戻るボタンを押して「wi-fi設定」画面に戻ります
   ↓
 「wi-fi設定」画面でメニューボタンを押す
 
   ↓
 画面消灯時のwi-fi設定
 
   ↓
 画面消灯時にwi-fiを切断しない
 
   ↓
 ホームボタンを押してホームに戻って終了

これで、充電中やスリープ状態の時でも自動でメール受信してくれます。


googleアカウントの設定
スマートフォン購入後や初期化後、初めて設定した googleアカウントが
メインの googleアカウントになり、初期化するまでは変更する事ができないので
ずっとメインで使っていくアカウントを登録してください。

 ホーム画面でメニューボタンを押す
   ↓
 設定
   ↓
 アカウントと同期
   ↓
 画面下の「アカウントを追加」
   ↓
 google
   ↓
 次へ
   ↓
 ログイン ※アカウントを新規作成する場合は「作成」
   ↓
 追加されたら同期したい項目にチェック 4つの項目全てに
チェック入れて
同期しています
   ↓
 ホームボタンを押してホームに戻って終了





spモードメールアプリダウンロード
spモードメールアプリ は、
wi-fi通信で Google Play からもダンロードできます。
docomoから3G回線でダウンロードした場合のパケットは↓でした。

spモードメールアプリダウンロード → 10,400KB(4,368円)

初めてスマートフォンを起動した時や
初期化した時の流れで、docomoのサイトから
spモードメールアプリをダウンロードしたりアップデートしたりすると
3G回線でしかダウンロードできず
パケット代がかかってしまったりするのですが
Google Play にも spモードメールアプリ があるので

私は、初期化時にすでにインストールされている
spモードメールアプリをアンインストールし
新たに Google Play からwi-fi通信でダウンロードして
インストールして利用しています。

Google Play でダウンロードした spモードメールアプリ を使う為に
最初からインストールされていた
spモードメールアプリをアンインストールします。

 ホーム画面でメニューボタンを押す
   ↓
 「設定」をタップ
 
   ↓
 下へスクロール
 
   ↓
 アプリケーション
 
   ↓
 アプリケーションの管理
 
   ↓
 アプリケーションの管理
 
   ↓
 アプリケーションの管理
 

アンインストールが完了したら
Google Play の中の spモードメールアプリ をダウンロードしてインストールします。


spモードメールで「マイアドレス」情報の更新
spモードメールアプリを新しくインストールすると
「マイアドレス」情報の更新をする必要があります。

「バックグラウンドデータ」のチェックを外してOFFにした状態で
「データ通信を有効にする」にチェックを入れると
パケット料金を抑える事ができます。

「マイアドレス」情報の更新をした場合 → 1KB(0円)

のパケット代がかかっていました。1KBだと、0円なんですね。
1KBでも使ったら、100KBと換算されていくらかかかるのかと思っていました。


Google Play で spモードメールアプリダウンロード後
最初に起動した画面から、「マイアドレス」情報の更新までの手順です。

私は、パケホーダイフラットに加入していない為
3G回線「データ通信を有効にする」のチェックを入れる前に
「バックグラウンドデータ」を無効にする為の作業をしますが
パケホーダイフラット加入しているなど
パケット代がかかっても良い方でWi-Fi通信ONの方は 番からお進みください。

Wi-Fi通信OFFで既に3G回線「データ通信を有効にする」に
チェックが入ってる方は からお進みください。

   Wi-Fi接続のままでは「マイアドレス」情報の更新はできず
下記のようなエラーがでるので
まずは、3G回線の「データ通信を有効にする」にチェックを入れてから
「マイアドレス」情報の更新をする必要があります

 


 3G回線の「データ通信を有効にする」にチェックを入れる前に
 私の場合はパケホーダイフラットに入ってないので、ホーム画面で
  → 「設定」→「アカウントと同期」→「バックグラウンドデータ」
 のチェックを外します → バックグラウンドデータOFF詳細

 パケット代がかかっても問題ない方でWi-Fi通信ONの方は
 このを飛ばして  へお進みください

 Wi-Fi通信OFFで既に3G回線「データ通信を有効にする」に
 チェックが入ってる方は  からお進みください。

   
   ↓
 Wi-FiをOFFにして無効にします
 ホーム画面でメニューボタンを押す
   ↓
 「設定」をタップ

 
   ↓
 「無線とネットワーク」をタップ
 
   ↓
 「Wi-Fi設定」をタップ
 
   ↓
 Wi-Fiのチェックを外す
 
   ↓
 Wi-Fiのチェックを外したら、一旦ホームへ
 
   ↓
 ホームボタンを押してホームに戻る
 次は「データ通信を有効にする」にチェックを入れます
   ↓
 ホーム画面でメニューボタンを押す
   ↓
 「設定」をタップ
 
   ↓
 「無線とネットワーク」をタップ
 
   ↓
 一番下までスクロール
 
   ↓
 「モバイルネットワーク」をタップ
 
   ↓
 「データ通信を有効にする」にチェックを入れる
 
   ↓
 ホームボタンを押して一旦ホームに戻る
 次はいよいよ「マイアドレス」情報更新の手順に進みます

   ↓
 spモートメールアプリをタップ
 
   ↓
 「同意する」にチェックをいれ「利用開始」をタップ
 
   ↓
 「OK」をタップ
 
   ↓
 「メール設定」をタップ
 
   ↓
 「その他」をタップ
 
   ↓
 「マイアドレス」をタップ
 
   ↓
 「OK」をタップ
 
   ↓
 処理中です
 
   ↓
 「OK」をタップして「マイアドレス」情報更新完了です
 
   ↓
 自分のdocomoのキャリアメールアドレスが表示されました
 「マイアドレス」情報更新作業は終了です。おつかれさまでした。

 3G回線をOFFにする必要のない方や
 Wi-Fi通信をしていない方はここで終了です。

 パケット料金を抑えたい方やWi-Fi通信をする方は、元に戻します。
 まず「データ通信を有効にする」のチェックを外しましょう。
 詳しい手順は → 番からの手順で進みチェックを外してください

 
   ↓
 ↑の番で  「データ通信を有効にする」のチェックを外した画面です。
 
   ↓
 次に、 「バックグラウンドデータ」のチェックを入れます。
 詳しい手順は → こちら の通り進みチェックを入れます。

 
   ↓
 最後に、 番からの手順で Wi-Fiまで進みチェックを入れてONにします。
 


全て元通りに戻したら終了です。おつかれさまでした。


アプリで「Wi-Fiオプションパスワード」を入力 センターへ接続
ここでは 「wi-fiオプションパスワードの取得」と 「spモードメール Wi-Fi利用設定」 が
完了しているのを前提に手順をメモしています。
詳細は↑のリンク先へ移動して確認お願いします。

 spモードメールアプリをタップして起動
 
   ↓
 メール設定
 
   ↓
 その他
 
   ↓
 下へスクロール
 
   ↓
 パスワード設定
 
   ↓
 Wi-Fiオプションパスワードを入力し「OK」をタップ
 
   ↓
 「Wi-Fiメール接続確認」とでたら「OK」をタップ
 
   ↓
 「spモードセンターへ接続が確認できました」とでたら「OK」をタップ
 
   ↓
 ホームボタンを押してホームに戻って終了


spモードメールアプリでの「Wi-Fiオプションパスワード」設定は完了です


ドコモアプリのアップデート
docomoアプリのアップデートの殆どはWi-Fi通信でできます。
以下は、「データ通信を有効にする」のチェックを外した状態でしました。

 dメニューをタップして docomoのサイトへ
   ↓
 画面下の方の「お客様サポートへ」をタップ
   ↓
 ドコモアプリの「インストール/アップデート」
   ↓
 ドコモアプリ一括管理「アップデート・再インストール」
   ↓
 アプリを選ぶとアップデートできます
   ↓
 アップデートできたら ホームボタンを押してホームに戻って終了


基本的な設定はだいたいできたので
あとは アンドロイドマーケットでアプリをダウンロードしてインストールすれば
ほぼ初期化前の状態に戻せると思います。


PCからの操作でアンドロイドマーケットのアプリを入れる
スマートフォンからの操作だと、問題なくアプリを入れられると思いますが
PCのブラウザからの操作で、スマートフォンにアプリをインストールしようとすると
「端末をお持ちでないようです」と言われ
アプリがインストールできなくなっていたりします。

履歴やクッキーを消去したり
PCの電源や、スマートフォンの電源を落しても変わりなかったけれど
何故か 1時間後くらいには、またインストールできるようになっていたので
恐らくアンドロイドマーケットに端末の情報が行くまでに時間がかかった
せいではないかと思っています。

詳しくは、「アンドロイドマーケットで「端末をお持ちでないようです。」と言われた
でメモしています。


ドコモサービスの初期設定画面
電源を落して、また起動した時に
「ドコモサービスの初期設定画面」がでてくる事があります

本来なら、初期化後 起動した時に流れで出てくるのですが
パケット料金節約の為に、画面の流れどうりに進まず
戻るボタンで戻ってデータ通信OFFの設定などをしたので
一度電源を落して、再度起動した時にでてくるのだと思います。

「ドコモアプリパスワード」の設定は
初期化するたびに設定の必要があるようです。
アプリ一括インストールやおサイフケータイの利用は
必要ないので、設定せずに流しました。




※ 上記の設定は、NTT docomoスマートフォン ARROWS X LTE F-05Dを
  実際に使って設定しています。OSはAndroid(アンドロイド)です。
  他の機種では、同様にできない可能性がありますのでご了承下さい。



HOME へ戻るサイトマップCopyright(C)F05Dスマートフォン操作Xパケゼロ